サイトロゴ

【真相判明】Crypto Masters(クリプト・マスターズ) 五十嵐 龍平の真実

悪徳

評価:D

☆☆☆☆☆ 0.0
サイト名 Crypto Masters(クリプト・マスターズ)
サイトURL http://beavq.com/lp2/
カテゴリー 仮想通貨
運営会社 記載無し
責任者名 五十嵐 龍平
電話番号 記載無し
メールアドレス [email protected]
所在地 東京都新宿区新宿2丁目12−13 新宿アントレサロンビル 2F
IPアドレス 104.18.41.205
ドメイン取得日 2018年04月11日
サーバー会社 詳細不明

検証1日目(2018年4月17日)

今日からCrypto Masters(クリプト・マスターズ)という情報商材の検証に入ります。

Crypto Masters(クリプト・マスターズ)は流行の仮想通貨系の情報商材です。

毎日動画が送られてきて最終日に金額が提示されるというお決まりのパターンですね。

30万円位でしょうか??

では、順にチェックしていきましょう。

はい。まずココ。

Crypto Masters(クリプト・マスターズ) への通常入会費用5BTCが本日(4月17日)応募すれば0円になるそうです。

明日、もう一度見たら4月18日に変わっていそうですねw

そもそも、5BTCって・・・。

今、1BTC=87万円位だから、5BTCって435万円になるんですけどww

通常入会費用を払う人がいるとは思えませんし、演出のために書かれているでしょう。

次にココ。

Crypto Masters(クリプト・マスターズ)の参加者には1年で3億1800万円の資産形成が約束されるそうですw

約束してはいけません。このような表現は景品表示法に違反します。

景品表示法では、嘘や大げさな表現などを用いてユーザーを騙すような表現を使用することを禁止しています。

その中でもCrypto Masters(クリプト・マスターズ)のようなパターンは、景品表示法第5条1項で禁止されている優良誤認表示に該当します。

日本の法律ではユーザーに商品を実際よりも著しく優良であることを示し、不当に勧誘することは禁止されているのです。

もちろん、実際に3億1800万円を1年間で稼げるのであれば優良誤認表示には該当しませんが、Crypto Masters(クリプト・マスターズ)の場合、自ら3億1800万円稼ぐことは約束できないと別の箇所で公開してしまっていますw

再現性には個人差があるとのこと。おかしいですねw

登録してすぐに届いたメールには・・・

再現性100%と書かれていたのですがw

これも優良誤認表示です。最終的に、2年以下の懲役又は300万円以下の罰金が課せられる可能性があります。

ちなみに、法人の場合は3億円以下の罰金刑が課せられる可能性もあります。

さらに、Crypto Masters(クリプト・マスターズ)の様に人を欺いて物品を購入させる場合、景品表示法だけではなく、詐欺罪(刑法第246条第1項)に該当することも・・・

詐欺罪が、適用される場合、罰則は一気に重くなり10年以下の懲役です。

そんなブラックなCrypto Masters(クリプト・マスターズ)のメンバーの1人がこの人。

五十嵐 龍平氏。

名前と顔を公開してしまって大丈夫でしょうか。もしかしたら、すぐ近くに警察が迫っているかもしれません!!

それとも、自分が犯罪行為にあたる可能性があることをしている自覚すら無いのでしょうか。

名前は偽名かもしれませんが、顔は・・・・w

特定商取引法に基づく表記を見てみるとCrypto Masters(クリプト・マスターズ)の運営者も五十嵐 龍平氏になっています。

法人ですらありません。

ついでに住所も調べてみましたが、公開されている東京都新宿区新宿2丁目12−13 新宿アントレサロンビル 2Fにあるのは、月額3800円のバーチャルオフィスでした。

お金を集めて高飛びする準備は万端って感じですねw

しかし、年間3億1800万円の資産形成が可能なCrypto Masters(クリプト・マスターズ)のコアメンバーの住所が3800円とは情けない話です。

Crypto Masters(クリプト・マスターズ)と五十嵐 龍平氏の法に触れそうな部分はまだまだあります。

次は、特定電子メール法違反に関してです。まずはコチラをご覧ください。

弊社および弊社のビジネス・パートナーの商品の発送に関する情報、商品・サービスに関する情報またはキャンペーン情報を提供するため

つまり、取得したメールアドレスは、許可なく様々なところで使わせてもらいます。という内容になります。

特定電子メール法では、メール受信者の承諾無しに広告宣伝メールの送信をすることを禁止しています。

一見、その旨は記載されているので、利用者の同意を得ているようにも見えますが、特定電子メール法上、同意が許されるのは商材を購入する際や会員登録をする際に、利用規約やプライバシーポリシーに同意するというチェックボックスにチェックして購入や会員登録をした場合です。

チェックボックスの形態をとっているのは、個人情報を第三者提供する際に同意を得たことを明確にするためです。

同意を得ていないにも関わらず、個人情報を第三者に提供する行為は、個人情報保護法違反であり、本来是正を求められ、責任追及をされるような内容です。

安易に大切なメールアドレスで会員登録をしてしまうと、知らないところから、大量のスパムメールが送られてくるという可能性がありますので、十分に注意しましょう。

初日の最後に登録後に届いたメッセージで届いた動画を見ておきました。

残念ながら、この動画は五十嵐 龍平氏の沿革と自慢話で終わりますw

全て見ると42分。時間の無駄ですw

コメントを投稿すると受け取れる特典の「Crypto Mastersが教えてくれた98%の人が必ず陥ってしまう仮想通貨で絶対にハマってはいけない落し穴」も念のため貰っておきましたが、これ以上、役に立たない動画に時間を使いたくはないので、とりあえずスルーしておきますw

初日はこの辺にしておきます。現状、ブラックな要素しか見当たりません。最終的に登録するか、しないかは個人の自由ですが、Crypto Masters(クリプト・マスターズ)の登録は慎重に判断してください。

Crypto Masters(クリプト・マスターズ) 五十嵐 龍平の口コミ・評価・評判

Crypto Masters(クリプト・マスターズ) 五十嵐 龍平の口コミを投稿する


必須